ぱすたけ日記

日記っぽいのを書きます。

Aftershokz OpenCommのマイク音量が小さくなったので交換してもらった

骨伝導ワイヤレスヘッドセットであるところのAftershokz OpenCommは本当に最高で、もうこれ無しでは困るくらいに使っているのですが、先日不調になりサポートに交換してもらったのでその話を書きます。

発端

いつものようにGoogle Meetでミーティングに参戦したところ、「今日のpastakさんの声すごく小さい」と言われて、そんなはずはと思いつつ声を大きく出すことなどで乗り切っていたのですが、その後もその状態が続いていて、初期化をしても、繋ぐ端末を変えても症状が変わらなかったので、サポートに連絡しました。

発送直前には何故かマイク入力からノイズ音が入っていて「なんかpastakさんから凄いノイズ音がします」って言われる感じにもなっていました。

サポート問い合わせ

Aftershokzの製品は日本では販売代理店のフォーカルポイントという会社がサポートを担当しているので、フォーカルポイント社のサポート受付フォームからリクエストを投げられます。

問い合わせ時に保証書と購入証明書(レシート、明細書、納品書)をアップロードする必要があるので、それを用意します。自分の場合はフォーカルポイント社のやっているクラウドファンディングで購入したのですが、そのときに申込をやってくれた人に領収書のPDFを送ってもらってそれをアップロードをして事なきを得ました。

問い合わせたところ、症状のある製品を送って検証と確認がされたら新品と交換してくれるとのことだったので、早速発送しました。

発送する

(この記事を読んだからといって、この記事を鵜呑みにして、フォーカルポイント社に直接商品を送らずにサポート経由で最新の方法などを確認してください)

ヤマト運輸着払いで送るように指示があり、箱とか用意するの面倒だな〜と思っていたのですが、ご購入時の製品箱にてお送りください。※製品箱が無い場合は、輸送時に製品にダメージを与えない梱包をお願いします。 とあったので、買ったときの黒い箱に入れて、パッケージを被せて、ちょっとテープで留めて、それをコンビニに持ち込んで、パッケージに直接伝票を貼って送りました。

火曜日の昼に発送して、翌日水曜日着、木曜日の夜にはヤマトから発送通知が来て、金曜の午前には新品が届きました。不具合が確認されたらメールで確認しましたとかもなくシュッと届いたのは驚きだったけど、まぁ別にメールとかない方がシンプルなので良いですね。

新品の様子

丸々新品が届きました。サポート期間は元の購入時のものがそのまま使えるようなのでまた壊れても安心ですね。

ちなみに発送時には付属品などは送る必要がないようなので、OpenCommに付属している高速充電用のケーブルが2本に増えました。ありがたい! ハードケースも2つになったのは少し戸惑っていますが…

f:id:Pasta-K:20210129192747p:plain
左がOpenCommに付いてくる高速充電用ケーブルで右がAeropexに付いてきてたケーブルです

身の回りでも音が小さくなったという人がちょくちょく散見されたので、サポートに送ってみた知見を書いてみました。交換してもらうまでの数日は手元にこれが無くて久しぶりに普通のヘッドセットでミーティングに出たりしたので、そのおかげでよりOpenCommは便利だな〜という気持ちになりました。