ぱすたけ日記

日記っぽいのを書きます。

エンジニアアルバイト振る舞いテクニック

今、Notaとはてなの2社でアルバイトしている中で学生パートタイムエンジニアとしてやっていく際の振る舞いについて最近意識的にやっていることがあるので書いてみます。はてなでマンガチームにおいて一応メンターという設定になっている*1ひとでくんさんの次の記事を読んでのアンサーソングのつもりですが、何年もNotaでアルバイトをし、はてなのエンジニアの人々とも長く交流があるからこそ出来る振る舞いなのではとも思っているので、真似してくれとかそういうの一切ないです。偶然参考になる人がいればと思って書きます。

  • とにかく何でもSlackとかGitHubとかグループウェアとかに書く
    • 困りごとはもちろん、設計のこと、コードのこと、サービスのことで気になってることとか何でも遠慮せずに書くようにしている
      • 自分の作業ペースや理解度とかを素早く把握してもらうため
        • 週に1日〜2日とかで出来ること知れることは多くないので、こういうペース感だというのは常に掴んでおいてもらって、コントロールの参考にしてもらえればと思ってる。早いので次のタスク考えておくかとか遅いので会話するかとか。次にも書くけど知らないことや追えてない話題は多くて当然だと思うのでドンドン聞いてキャッチアップできるようにしてもらう。
      • 情報のデフォルトスコープが狭い場合でもちゃんと「知りたい」と表明すれば適切にスコープが広がったり知っておいて良いことであることが増えたりするので、表明するようにしている。
      • これは自分がJavaScriptとその周辺に強い関心と興味とそこそこの自身があるからだけど、社員の人とかがシュッと何かをやろうとしているときとかも怪しそうだったらレビューでツッコミを入れたり、会話してみたりしている。
  • 自分の興味関心を明確に伝えておく
    • Notaは入社時に趣味でブラウザ拡張作ってますって言ってそのままGyazoのブラウザ拡張の大規模改善をやった
      • Gyazoのお絵かき機能周りをやったときにブラウザのパフォーマンスに関することを一通り調べてそれが強みになっているし、今はフロントエンド周りの諸々を整えたりリファクタリングを中心にやっている。
    • はてなはアルバイトする時に、マンガビューワーのJSをなんとかしたいということを強く伝えて、それ以降も1年以上JSしか書いていない
      • Perlというかサーバサイドが必要なものはひとでくんさんとかに用意してもらったり、簡単なものはシュッと書くこともあるが、基本は書いてない。Perl書いたの7行くらい?
    • 自分の最近のブランディングで一応JavaScriptとかブラウザ上でのパフォーマンス周りが得意ということにしているので、基本的に両社ともにその部分を活かしたタスクを用意してもらっている
      • 例えば、マンガビューワーに関してはServiceWorkerを用いたオフライン閲覧機能の実装でServiceWorker周りなどとガッツリ向き合わせてもらえたので感謝している
    • チームのDとかエンジニアリーダーとかがアイデアを練ったりアサインするときとかに「あーPasta-Kがいるから、フロントエンドでチャレンジ出来るな」とか「この部分もっとブラウザで頑張れるな」とか思ってもらえる状態で居たいと思っている。逆にそういう状態じゃない場合、粗雑にタスクが降ってくるみたいな状態において自分の価値をちゃんと発揮することに自信がない。
    • 以前はサーバサイド的なことでもドンドン掴むぜみたいなモチベーションがあったころもあったけど、今はあんまりそういうのない。それだったらパフォーマンス良くしたいし、JSの開発環境を改善させてくれって思う
    • 究極、興味関心とマッチすることが無くなったらアルバイトなんだしさっさと辞めて別の会社に行くとか就職するとかしたらええやんって思ってる
  • 腹案を持っておく
    • 大きいタスクとタスクの間の暇なときとかレビュー打ち返し中とかにできそうな改善アイデアとか実験したいことを隠し持ってる
    • 隠しておく必要はないんだけど、まぁこういうの試せると良いですよねみたいな感じで話してて、空き時間が見つかったらシュッとやってみて共有したりしている
    • 普段の暮らしでキャッチアップする技術を持って来れるので便利
      • 趣味ベースだと面白技術試す時にサンプルアプリケーション持ってきてゴニョゴニョしてみたいなの要るけど、実際のアプリケーションに触るバイトの中でそれが出来ると実サービスに入れることをゴールに試せるので、色々見つけられることも多いし、勢いよくいくとそのまま本番アプリケーションをそれで改善できる
    • 技術的挑戦とか改善は積極的にやっていこうという文化なのでこういうことをシュッとやっていけて助かる
  • 会話とペアプロも積極的にやる
    • なにか判断が必要なケース(例えば、技術要素の選択やタスクの優先度)などで必要な判断を勝手にやったりは出来ないし、やったところで上手くいく感じがしないので困ったらシュッと会話している。さっきの「何でも書く」と矛盾していそうだけど、ドンドン表現していこうということ。あととにかく悩み時間を減らしたいと思っている。悩み時間だいたい悩んでも解決することではなくて「決定」の問題なので、自分より上位の人と良い意味で決定の責任を分け合っていけば良いと思っている。
    • ↑の感じで自分が得意なことを他の人がやるときも積極的に会話に混ざったりペアプロをして伝授していく
  • ビジネス的な責任が大きくないことを利用する
    • 社員の人はチーム全体の「今期の目標」とかによって明確な達成目標があることがあって、それが時期によっては社員の時間や技量やパフォーマンスに制約を与えることがある
    • 締切ドリブンでドンドン完成させないといけなかったり、そのために他のことに手を回せなかったり
    • アルバイトはそういう意味では(表現として正しくないかもしれないが)無責任でいれる
    • 例えばMTGが少なかったり、締切があってここまでに出来てないとヤバいみたいなが少ない
      • 極稀になくはないが、これがめっちゃ多かったら普通にやばい会社だと思うと思う
    • そのスキを使って、細かいバグフィックス的なタスクをやるのではなくて、大きいリファクタリングや機能開発、開発環境改善をやる
      • ここら辺に自由に大きな時間を避ける(自分の環境だけかもしれないが)という意味では、社員の人々よりも自由度が高く、それを利用して例えばgulp+browserify->webpackをやったり、設計方針を立ててある機能を書き換えたりみたいなのが出来るのは逆にパートタイムの特権ではと思ってる

こういうハックをして、パートタイムとして快適に且つ良い感じにちゃんと評価してもらったり周囲に理解してもらえるような成果を上げているという感じです。自分では良いと思っているけど、他の人がどう思っているかとか分かってないので、エゴを攻めすぎてミスっているかもしれない。

なんかあったら教えてください。

*1:記事にもあるように最近は良い感じに放置して貰ってるので、ベッタリメンターというよりは一旦ひとでくんさんに話して最適な会話先を探したりする足掛かりにしたり、僕が突飛なことをやるときに相談役というか他の人とのパイプをやってもらうという感じでになってきている気がする

2018年の良かったマンガ26作品を紹介します

はじめに

皆さん、2018年もマンガを堪能しましたか?ちなみに僕は単行本換算で500冊強でした。昨年より少し少ないですね。今年も良かった作品をピックアップしましたので、読んでない作品があれば全部オススメなので上から全部読みましょう。レギュレーションとして基本的に2018年に1巻出たマンガとしています。例外的に2巻以降で良くなってピックアップしたものなどには巻数を振ってあります。参考にしてください。

2017年のまとめはこちら。

2016年のまとめはこちら。

2018年の4月まで書いていたまとめ記事たちはこちら

紹介

アクタージュ

アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アクタージュ act-age 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

文句なしで今年のベスト。毎年1つ選ぶなら的な質問は迷ってしまうけど、今年の『アクタージュ』はマジで迷いなしに推せる作品。読み切りで掲載された「阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ」のことをしっかりはっきりと覚えていたので、同じコンビで連載が始まってしかもめっちゃ良いので最高。マツキ先生の原作も緻密で見せ場が上手い、そして宇佐崎先生の画力が夜凪の存在感を凛と表現しきっていて、ジャンプでこんなに画面にキャラに惹き込まれる作品が読めると思わなかった。

ブルーピリオド

画力と言えば、ブルーピリオドはアフタヌーンに載っているのにジャンプっぽいストーリーでガンガン成長を見せてくれる。作中で使用される作品も美大生等による作品でそれを題材に進むので非常に分かりやすい。あととにかく主人公の熱量がスゴい。

ランウェイで笑って(8)

もう去年からずっと推してるんだけど、この8巻はこれまでを総まとめにしてマジでヤバい。2018年のベスト単行本はと言われるとこれを推す。今すぐ全部買って8巻までたどり着いてくれ!!!!!!!単行本派なので、連載で読んでいる人々からかなりずっと煽られていたけど、これは連載で読んですぐ話したくなるの分かる!!!!〜〜ってなった。途中は中弛みするかと思ったけど、ちゃんと2人の話になってきた。

アクタージュもブルーピリオドもランウェイも派手なアクションはないけど熱いバトル展開が見れるのが最高。

ひみつのはんぶんこ

ひみつのはんぶんこ【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

ひみつのはんぶんこ【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

こういう思春期前の男女が徐々に意識していってみたいな話に弱い。

イジらないで、長瀞さん

ナナシ先生は最高というかズルい。

金のひつじ

神様がうそをつく。』の尾崎かおり先生の新作。1話でグイグイ惹き込まれていった。3巻でどうなるかまだまだ楽しみ。

1話↓から読めるのでとにかく読んでくれ!

綺麗にしてもらえますか。

はっとりみつる先生の新作。2年前までの記憶を失ってしまったがクリーニングに関することはピカイチ記憶している金目綿花奈の話。各話ともに各登場人物にまつわるものをクリーニングするという構成なのだけど、そのエピソードがどれも綺麗で読後感も爽やかで良かった。

はなにあらし

周囲に関係を隠しているときと2人になったときとのギャップが尊くて最高。

悪舌のモルフォ

少年マンガ。セリフ回しも非常に良い。2巻の最後のハッとなる顔とかめっちゃ良い。帝のアクキーをコミケで買いに行ったりもした。

Change!

今年もいくつかラップマンガあったけど、一番良かったのはこれかな。フリースタイルを真正面から描いていこうという感じがする。ラッパーとの出会いやバトルを通してしおりが成長していったり、周りもしおりを認めていくという形が美しくて良い。『キャッチャー・イン・ザ・ライム』も良かったけど、ラストが打ち切り気味だったのが残念だった。

メタモルフォーゼの縁側

このマンガがすごい!オンナ編1位おめでとうございます。雪がBLに出会ってウキウキする感じやうららと雪の交流が楽しそうなのが良いですよね。

サバゲっぱなし

2018年に1巻が出た訳ではないのだけど、薦めてもらって読んだら面白かったので入れました。なるほど人はこうやってサバゲーにハマっていくんだなと過程をトレースできるので面白い。

ロッキンユー!!!

オルタナ好きが主人公というだけでもエモいのに、ちょくちょく入る曲名がデカデカと書かれた見開きが本当にズルい!!!!!!次のDJイベントで関連曲かけたいと思っているので、まとめておきました。

おっと思った人は今すぐ1話読んでくれ。

しったかブリリア(2)

正直に言って、1巻の時点でマウントの取り合いみたいなのがちょっと微妙かなぁと思ってたんだけど、完結の2巻で良い感じにオチもついて良かった。というかこういう感じなんだったらもう少し読みたかった‼‼‼‼‼って思った。

アンドロイドタイプワン

アンドロイドタイプワン : 1 (アクションコミックス)

アンドロイドタイプワン : 1 (アクションコミックス)

汎用アンドロイドが流通している世界を題材にしたSF作品。絵は少し荒削りだけど、タイプワンとの人々の向き合い方や黒いアンドロイドなどこれからの展開が楽しみ。

落ちてるふたり

男子高校生とその隣に住む女子大生お姉さん(留年)とのラブコメ。こういう自由奔放ではちゃめちゃな感じのお姉さんが出てくると弱い。結構好きだったのに、2巻で終わってしまった… 篠山さんをもう少し見たかった。

ボクらは魔法少年

我らが福島鉄平先生の最新作は男子小学生が魔法少女ならぬ魔法少年になる話です。福島鉄平先生は裏切らない。とにかく読みましょう。

夜と海

夜と海 1巻 (ラバココミックス)

夜と海 1巻 (ラバココミックス)

今年一番良かった百合マンガだと個人的には思ってるんですが、皆さんはどうですか?『仲の良いおともだちより無くても困らないものが欲しい』というストーリーの軸も好きだったんだけど、コマを横断したり飛び出したりするような演出とか構図もめっちゃ良いので楽しく読めました。

ムラサキ

ムラサキ 1巻 (LINEコミックス)

ムラサキ 1巻 (LINEコミックス)

画面の迫力がめっちゃあってスゴい。魅せ場が墨絵っぽい感じで黒と白がパキッとしててカッコいい。

繭、纏う

繭、纏う 1 (ビームコミックス)

繭、纏う 1 (ビームコミックス)

制服が先輩の髪から創られるという物語の通り、髪や制服を表現する線がとても繊細で美しくて見惚れる感じがします。

二度目の人生 アニメーター

ガンダム以前の70年代を回想するようなストーリーのアニメーターマンガ。板野一郎をモデルにした主人公の同級生の金野がパラパラ漫画で"サーカス"しているのが良かった。

性別「モナリザ」の君へ。

1話を読んで、シアンの使い方が特徴的でその意味に途中で気付いてなるほどってなった。本当によく出来ていると思う。今後も楽しみ。

鬼のようなラブコメ

表紙からして可愛すぎませんか????

事情を知らない転校生がグイグイくる。

いじめの呪縛をこうやって解くのように表現するのあるようでなかったと思う。本当に優しい世界がある。次の夏休み編が楽しみで仕方ない。

花待ついばら めぐる春

スガワラエスコ先生の最新作。いばらが設定も表現上も魅力的なキャラになってて、主人公と青春時代をなぞって恋をやり直していく様子も最高。そこに割り込んでいばらに猛アタックする蘭も良い。最高。

尾かしら付き。

「みんなと違う」ことにどう向き合うか。「相手を誰よりも知りたい」で始まる恋。こういうテーマが読みやすいポップさで描かれてて良かった。最後のヒキも秀逸でどうやってここから1話の冒頭にたどり着けるんだろうと楽しみになる1巻だった。早く続きを読ませてくれ!!!!!!

まとめ

2018年は旅行に行くことが多かった結果、時間と金が足りずAmazonのタブが開いたまま買えてないやつとか読めてないやつが多いので、去年出てまだ気づけてないのもありそうなのが反省点ではあります。去年の分も2019年はマンガをどんどん読んでいく所存です。良いやつあったらTwitterやらブコメやら何かしらでどんどん教えてください。よろしくおねがいします!!!!!!!

漫画『ロッキンユー』 関連曲リスト

昨年良かった漫画何作もあるけど、個人的なトップ5のうちの1つだと思っている作品にジャンプ+で連載中の『ロッキンユー』という作品があります。

オルタナ好きと出会ってバンドにハマる話です。最近は初ライブもやって絶好調。序盤のナンバガとの出会いで衝撃を受けるところや、ゆら帝で合わせるとことか最高です。見開きと曲名の組み合わせの使い方がズルいと思う。

ところで、SMTP++ #5が来週にあるのですが、そこでこの作品に出てくる曲を集めてプレイしようと思っているので、それに向けて読み直して一覧を作ったのですが、自分だけで所有しているのもアレなので共有します。

15話以降はサブタイトルがジャンププラス上では明記されていないので、文字配置とかからこれだろうというものを書いてます。多分合ってるはず。一部曲名じゃなくてアルバムやバンド名があります。