ぱすたけ日記

日記っぽいのを書きます。

著作権法改正 スクショ違法化 ウェブサービス

著作権法改正の話題でスクショが違法という文言がインターネットで流布されているので、基になっている報告書などを読んだ様子をここに記します。 またインターネット上において、スクリーンショットを扱うウェブサービスを利用することが違法になるのではないかという懸念が示されている*1のを散見しましたので、合わせて関連する報告書などを紹介します。

この記事及び貼っている@pastakのTweet等は個人の見解であり、また筆者は法律の専門家ではないため、解釈などは記載しないように心掛けますが、必要であれば自身で専門家に相談してください。

報道内容について

まずは話題の基になった記事です

著作権を侵害していると知りながら、インターネット上にある漫画や写真、論文などあらゆるコンテンツをダウンロードすることを全面的に違法とする方針が13日、文化審議会著作権分科会で了承された。

著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定:朝日新聞デジタル

これまでは音楽と映像に限って違法だったが、被害の深刻な漫画の海賊版サイト対策を機に、小説や雑誌、写真、論文、コンピュータープログラムなどあらゆるネット上のコンテンツに拡大されることになった。個人のブログやツイッターの画面であっても、一部に権利者の許可なくアニメの絵やイラスト、写真などを載せている場合は、ダウンロードすると違法となる。

著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定:朝日新聞デジタル

メモ代わりにパソコンやスマートフォンなどの端末で著作権を侵害した画面を撮影して保存する「スクリーンショット」もダウンロードに含まれる。

著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定:朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタルのタイトル 著作権侵害、スクショもNG 「全面的に違法」方針決定 がなかなか見事な感じなのですが、要旨としてはこういう感じです。要するにポイントは次の3点です。

  • 違法にアップロードされたものと知りながらダウンロードするのは違法
    • この範囲がこれまでは映像と音楽だった*2が、それを静止画や文章にも広げようとしている
  • また、スクリーンショットも保存と看做す
  • 合法なコンテンツをスクリーンショットするのはこれまでもこれからも合法である

私的な利用であっても、違法にアップロードされた海賊版と知っていれば違法となる。スマートフォンなどの画面を画像として保存するスクリーンショットも含まれる。

社説:ダウンロード規制拡大 ネットの自由、狭めぬよう - 毎日新聞

文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会の報告書について

この報道のきっかけとなった文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会の報告書は http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/pdf/r1390054_02.pdf から読むことが出来ます。

この中でスクリーンショットに言及しているのは4箇所です。以下に引用します。うち1箇所は脚注なので、うち3箇所を引用します。(強調の太字は著者によるものです)

7適法コンテンツのスクリーンショット等の際の写り込み

重要な情報と同じページに違法にアップされた著作物が存在する場合(SNSのアイコンに違法物が使用されている場合など)に,スクリーンショット等で保存しよう とすることが困難となる。

文化審議会著作権分科会 法制・基本問題小委員会 報告書 70ページより ref: Screenshot - 文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会 報告書.pdf - Gyazo

音楽・映像以外の著作物(静止画・テキスト等)については,典型的な海賊版サイトのみならず,個人のブログやSNS等においても違法にアップロード されたものが掲載されている可能性があり,ユーザーが気軽に,スマホやタブレット等を 活用してダウンロード(右クリック保存やスクリーンショット)を行う可能性もあり,こ れが違法化の対象範囲に含まれる場合には,より国民生活への影響が大きくなり得る。

文化審議会著作権分科会 法制・基本問題小委員会 報告書 82ページより ref: Screenshot - 文化審議会著作権分科会法制・基本問題小委員会 報告書.pdf - Gyazo

スクリーンショットをダウンロードの説明に利用している一方で、スクリーンショットに写り込んだ際の扱いについても議論されています。違法にアップロードされた著作物であると知りながらダウンロードまたはスクリーンショットすることを違法化しようという動きであることがわかります。

スクリーンショット等を取り扱うウェブサービスについて

また、スクリーンショットを扱うウェブサービスに関しても、クラウドサービスと著作物の関係について平成27年2月に同じく文化審議会著作権分科会の著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会からの「クラウドサービス等と著作権に関する報告書」から関連すると思われる箇所を紹介します。

ユーザーがアップロードし、多数の利用者がアクセス可能な場合は

利用者が権利者の許諾なく著作物を他者と共有することは,基本的に公衆送信権侵害等に該当するため,権利者の許諾が必要である

文化審議会著作権分科会 著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会 クラウドサービス等と著作権に関する報告書 10ページより

ユーザーがアップロードし、ユーザー自身のみがアクセス可能な場合は

基本的には,利用行為主体は利用者であり,当該利用者が行う著作物の複製行為は,私的使用目的の複製(第30条第1項)であると整理することができ,権利者の許諾を得ることは特段不要であるとの意見で一致した」また、「当該サービスにおいて行われる送信行為についても,権利者の許諾の要否が問題となるが,利用行為主体が利用者と解される場合には,当該サービスにおいて行われる送信は,利用者が自らに対して送信を行っているものと解されるため,著作権法上の公衆送信(第 2 条第1 項第 7 号の2)には該当しない。したがって,当該送信についても,権利者の許諾を得ることは不要と解される

文化審議会著作権分科会 著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会 クラウドサービス等と著作権に関する報告書 15ページより

としつつも、その行為主体が利用者であると認定されるかは個別に判断されるとの意見も記されています

複製の主体の判断に当たっては,複製の対象,方法,複製への関与の内容,程度等の諸要素を考慮して,誰が当該著作物の複製をしているといえるかを判断するのが相当

文化審議会著作権分科会 著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会 クラウドサービス等と著作権に関する報告書 15ページより

URLを流通させずに自身でアップロードし自身のみがアクセス可能な場合に私的利用の範囲だと認められると判断するのが妥当ということのようです。合法に流通しているコンテンツをスクリーンショットし、自身だけが見れるようにアップロードする行為などがこれに該当しそうです。

まとめ

ところでこの話題、著作権的にグレーな二次創作物のダウンロードが違法化されるのではという懸念があるようです。

皆さんもタイトルに踊らされないようにしましょう。

一方で立法時また運用時にこの報告書の方針がどこまで採用されるかという問題があります。安心せずに今後の国会情勢や警察などの法の運用について今後も注視していきましょう。インターネットで悪を働くのは許せませんがそのために我々が自由なインターネットを失うのも耐え難い。そう思います。

YAPC::Tokyo 2019でボランティアスタッフをしてきました #yapcjapan

先日YAPC::Tokyo 2019が開催されました。

今回のテーマは『報恩謝徳』ということで、YAPCにこれまでの恩を返そうとボランティアスタッフをやってきました。

YAPCとの関係ですが、YAPC::Asia時代に初参加して最後の年には初めてのボランティアスタッフを体験し*1YAPC::JapanになってからはYAPC::Kansaiでコアスタッフをやったりもしつつ、HokkaidoからOkinawaまでフルコンプリートしました。

YAPC::Fukuokaに前夜祭で話しましたが、YAPCのボランティアスタッフなどで学んだ技を盗んで生かして自分でカンファレンスをやったりもしました。

YAPCでボランティアスタッフをやったからこそ知り合えた色んな人たちや、スタッフだからそこ楽しめたことが沢山ありました。それらへの感謝を込めつつボランティアスタッフをやってきました。

前夜祭の日の夕方に集結して恒例のグルグル。僕はずっとあの行為をグルグルと呼んでいるんですが、要するにトートバッグにスポンサー様から頂いたノベルティを詰める作業です。キャッシュは麻薬ですが、ノベルティを集めて収集してキャッシュしておく人々が発生して、トートバッグワーカー達はそれを集めるだけで完了するのは便利。これにより一気にチームワークが向上します。各スポンサー様は気合いを入れて多めに送って下さるので、まだまだ半分か?と思った矢先、予定していたトートバッグの作成数とぴったりのノベルティが無くなったのでグルグル終了。歓喜の渦でしたね。

そのあとは前夜祭の準備をしている部屋の様子を眺めたりしていたのですが、Twitter係を任命されたので、前夜祭LTソンの実況Tweetを公式アカウントでしていました。こういうやつです。

前夜祭は食べ物が全部一口サイズで最高。ビールも瓶ビールがあるなんて!!!と思って持ち歩いてる栓抜きをポケットに忍ばせていました。

前夜祭後は人々が飲んでいるという噂があったので合流して飲酒。「君はどっちのスパイなの?」「僕は二重スパイです」という会話などをしました。

そしてYAPC当日。起きられるか心配でしたが、前日にしっかり酒を飲んだおかげで宿のベッドに寝転んだ瞬間に熟睡。ばっちり起きて朝ごはんも食べて会場に行きました。

Room0の担当になっていたので、バックパネルの設営*2や机や椅子の移動をした後、開場前の様子を見に行こうとメイン会場のあるフロアへ。これは一緒にRoom0の準備をしたcodehexくんとチョコレートもらって喜んでいる様子。

このあとGMOさんのブースで早めにやってきたdanさんと正規表現の話をしたりして、メインホールでOPトークを控えている magnolia_k_ さんを冷やかしたりしました。

今回はピークワンさんというRubyKaigiのときもいらっしゃったイベント専門の会社の方がいらっしゃっていたので、普段のYAPCよりも会場運営などはお任せ出来ることが多かったので、扉の開け閉めをやった後とかにちょくちょくトークを見に行ったりしていました。

YAPC座談会はそれぞれ色んなYAPCの思い出がふり返れる良いセッションだと思いました。これが始まる前にcodehexくんと「今日ってなんで、東京の実行委員長なのにこばけんさん出ないの?」って話してたら、ラストにちゃんと振ってくれて良かったです。

onkさんのトークは早めに終わりそうだったので質問の途中で担当の部屋に戻ったら、どうやらチームの人にコメントを聞こうとしていたらしく、そのまま居れば良かったなと思いました。感想は本当にこのままです。

hitode909さんは「どうやって人に無駄なものを作る面白さを伝えるか」を目的に淡々と話すのが流石の技という感じでした。自分だとWebVRでああいう感じで実世界の作業まで落とし込んで話せない気がする。

akiymさんのトークcpanって今まで「Perlは書かないけどYAPCのファン」という建てつけでYAPCにはやってきているので、Perlcpanがあるのは知っていましたが、エコシステムやツールなどについてはイマイチ分かってなかったので、それが総ざらいできて便利な発表でした。

部屋の片付けがそこそこ一段落ついたところで、aerealさんとmoznionさんのLT見たさにメインホールへ。note103さんのLTが最高だった。

そのまま真ん中くらいに空いてる席を見つけてtokuhiromさんのキーノートを聞いた。Perlハッカーコミュニティは改めて面白いなと思いました。「日本人、真面目にカンファレンスでトーク聞きすぎ問題」は確かになぁと思っていて、この日もtokuhiromさんたちが3階のスペースで集まって話されてるのを横目に見ていて良いなと思ったのを思い出したりしました。そしてこばけんさんのエンディングへ。エンディングは完全にエモかったですね。こばけんさんの振り返りトークも最高だったし、Songmuさんの受賞も最高。

エンディングでスタッフみんなで舞台に上がってそこから参加者の皆さんを見るときの「やってよかった」感は何度味わっても毎回「またやりたいな」と思わせてくれます。

その後は懇親会を存分に楽しみ、そしてスタッフはスタッフ打ち上げがあります!!!めっちゃ食べ物出たけど結構余ってて豪勢だった。僕はビールをいっぱい飲みました。

そしてこれはカンファレンスに行った後にエモが高まった結果、僕が毎回連投してしまうツイートたち*3の今回分です。

Songmuさんが会場でシャウトした結果、様々な感想ブログ等で「次回は京都」と書いてありますが、本当に京都であるのでしょうか。京都で開催される場合は暗躍などやろうと思っています。そのときはよろしくおねがいします。

ではまた次回のYAPCでお会いしましょう〜

*1:OSC Kyotoなどのスタッフはやっていました

*2:バックパネルの設営、年に1〜2回はやっているはずなのに、今回は壮大で、上下も前後もパネルの順番も全部間違って大盛り上がりでした。その後何事もないかのようにRoom1の人々に伝授したのでした

*3:どうやら恒例のやつというイメージになっているっぽい?

エンジニアアルバイト振る舞いテクニック

今、Notaとはてなの2社でアルバイトしている中で学生パートタイムエンジニアとしてやっていく際の振る舞いについて最近意識的にやっていることがあるので書いてみます。はてなでマンガチームにおいて一応メンターという設定になっている*1ひとでくんさんの次の記事を読んでのアンサーソングのつもりですが、何年もNotaでアルバイトをし、はてなのエンジニアの人々とも長く交流があるからこそ出来る振る舞いなのではとも思っているので、真似してくれとかそういうの一切ないです。偶然参考になる人がいればと思って書きます。

  • とにかく何でもSlackとかGitHubとかグループウェアとかに書く
    • 困りごとはもちろん、設計のこと、コードのこと、サービスのことで気になってることとか何でも遠慮せずに書くようにしている
      • 自分の作業ペースや理解度とかを素早く把握してもらうため
        • 週に1日〜2日とかで出来ること知れることは多くないので、こういうペース感だというのは常に掴んでおいてもらって、コントロールの参考にしてもらえればと思ってる。早いので次のタスク考えておくかとか遅いので会話するかとか。次にも書くけど知らないことや追えてない話題は多くて当然だと思うのでドンドン聞いてキャッチアップできるようにしてもらう。
      • 情報のデフォルトスコープが狭い場合でもちゃんと「知りたい」と表明すれば適切にスコープが広がったり知っておいて良いことであることが増えたりするので、表明するようにしている。
      • これは自分がJavaScriptとその周辺に強い関心と興味とそこそこの自身があるからだけど、社員の人とかがシュッと何かをやろうとしているときとかも怪しそうだったらレビューでツッコミを入れたり、会話してみたりしている。
  • 自分の興味関心を明確に伝えておく
    • Notaは入社時に趣味でブラウザ拡張作ってますって言ってそのままGyazoのブラウザ拡張の大規模改善をやった
      • Gyazoのお絵かき機能周りをやったときにブラウザのパフォーマンスに関することを一通り調べてそれが強みになっているし、今はフロントエンド周りの諸々を整えたりリファクタリングを中心にやっている。
    • はてなはアルバイトする時に、マンガビューワーのJSをなんとかしたいということを強く伝えて、それ以降も1年以上JSしか書いていない
      • Perlというかサーバサイドが必要なものはひとでくんさんとかに用意してもらったり、簡単なものはシュッと書くこともあるが、基本は書いてない。Perl書いたの7行くらい?
    • 自分の最近のブランディングで一応JavaScriptとかブラウザ上でのパフォーマンス周りが得意ということにしているので、基本的に両社ともにその部分を活かしたタスクを用意してもらっている
      • 例えば、マンガビューワーに関してはServiceWorkerを用いたオフライン閲覧機能の実装でServiceWorker周りなどとガッツリ向き合わせてもらえたので感謝している
    • チームのDとかエンジニアリーダーとかがアイデアを練ったりアサインするときとかに「あーPasta-Kがいるから、フロントエンドでチャレンジ出来るな」とか「この部分もっとブラウザで頑張れるな」とか思ってもらえる状態で居たいと思っている。逆にそういう状態じゃない場合、粗雑にタスクが降ってくるみたいな状態において自分の価値をちゃんと発揮することに自信がない。
    • 以前はサーバサイド的なことでもドンドン掴むぜみたいなモチベーションがあったころもあったけど、今はあんまりそういうのない。それだったらパフォーマンス良くしたいし、JSの開発環境を改善させてくれって思う
    • 究極、興味関心とマッチすることが無くなったらアルバイトなんだしさっさと辞めて別の会社に行くとか就職するとかしたらええやんって思ってる
  • 腹案を持っておく
    • 大きいタスクとタスクの間の暇なときとかレビュー打ち返し中とかにできそうな改善アイデアとか実験したいことを隠し持ってる
    • 隠しておく必要はないんだけど、まぁこういうの試せると良いですよねみたいな感じで話してて、空き時間が見つかったらシュッとやってみて共有したりしている
    • 普段の暮らしでキャッチアップする技術を持って来れるので便利
      • 趣味ベースだと面白技術試す時にサンプルアプリケーション持ってきてゴニョゴニョしてみたいなの要るけど、実際のアプリケーションに触るバイトの中でそれが出来ると実サービスに入れることをゴールに試せるので、色々見つけられることも多いし、勢いよくいくとそのまま本番アプリケーションをそれで改善できる
    • 技術的挑戦とか改善は積極的にやっていこうという文化なのでこういうことをシュッとやっていけて助かる
  • 会話とペアプロも積極的にやる
    • なにか判断が必要なケース(例えば、技術要素の選択やタスクの優先度)などで必要な判断を勝手にやったりは出来ないし、やったところで上手くいく感じがしないので困ったらシュッと会話している。さっきの「何でも書く」と矛盾していそうだけど、ドンドン表現していこうということ。あととにかく悩み時間を減らしたいと思っている。悩み時間だいたい悩んでも解決することではなくて「決定」の問題なので、自分より上位の人と良い意味で決定の責任を分け合っていけば良いと思っている。
    • ↑の感じで自分が得意なことを他の人がやるときも積極的に会話に混ざったりペアプロをして伝授していく
  • ビジネス的な責任が大きくないことを利用する
    • 社員の人はチーム全体の「今期の目標」とかによって明確な達成目標があることがあって、それが時期によっては社員の時間や技量やパフォーマンスに制約を与えることがある
    • 締切ドリブンでドンドン完成させないといけなかったり、そのために他のことに手を回せなかったり
    • アルバイトはそういう意味では(表現として正しくないかもしれないが)無責任でいれる
    • 例えばMTGが少なかったり、締切があってここまでに出来てないとヤバいみたいなが少ない
      • 極稀になくはないが、これがめっちゃ多かったら普通にやばい会社だと思うと思う
    • そのスキを使って、細かいバグフィックス的なタスクをやるのではなくて、大きいリファクタリングや機能開発、開発環境改善をやる
      • ここら辺に自由に大きな時間を避ける(自分の環境だけかもしれないが)という意味では、社員の人々よりも自由度が高く、それを利用して例えばgulp+browserify->webpackをやったり、設計方針を立ててある機能を書き換えたりみたいなのが出来るのは逆にパートタイムの特権ではと思ってる

こういうハックをして、パートタイムとして快適に且つ良い感じにちゃんと評価してもらったり周囲に理解してもらえるような成果を上げているという感じです。自分では良いと思っているけど、他の人がどう思っているかとか分かってないので、エゴを攻めすぎてミスっているかもしれない。

なんかあったら教えてください。

*1:記事にもあるように最近は良い感じに放置して貰ってるので、ベッタリメンターというよりは一旦ひとでくんさんに話して最適な会話先を探したりする足掛かりにしたり、僕が突飛なことをやるときに相談役というか他の人とのパイプをやってもらうという感じでになってきている気がする